07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ワンコ迎え入れ当日

2009/08/05
今日は、我が家にトフィーを迎え入れた日のことをお話しします。


あ、ちょっとその前に。。。

迎え入れ前日・前々日は、ワクワクしすぎて夜なかなか寝付けなかった私ですが、

当初反対していた夫もなにげに楽しみだったようで、トフィーを飼うことが決まって以来

毎晩帰宅前に届く “帰るメール” にワンコの顔文字 が必ず入るようになりました



義父母に至っては、私達より友人知人に犬を飼うことを話しまくっていたので、

あちこちで写メを送る約束や家に招待してお披露目する約束をしている模様。



「めっちゃ小さいんやろ? 階段降りて下に(義父母のところ)遊びに来られるやろか?

転げ落ちたら大変やで、スロープ付けたらなあかんなぁ」


なんて義父は言ってるし~。  しかも本気っぽい・・・



犬を飼えることで喜んでいるのは私だけだと思っていたけれど、ふと気がつけば

家族全体が完全に浮き足立っていて、それがちょっと嬉しかったです





さて、では、当日、ブリーダーさんの元からトフィーを受けとって帰るところから・・・



ブリーダーさんの犬舎から家までの約1時間、初めの20分位はクレートの中で

かなり激しく鳴き続けていましたが、途中からは鳴き疲れたのか諦めたのか

うんともすんとも言わなくなりました。



「ふ~、やっとおとなしくなったね」

「うん、家まで鳴き通しかと思ったけど、よかったぁ」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ シーーーーン。


「なぁ、でも、なんか静かすぎない?」

「寝たのかなぁ・・・寝てるだけならいいんだけど・・・」



静かになってくれたのはありがたいけれど、今度はあまりにも静かすぎて、

ちゃんと生きてるのか(!?)心配になっちゃいました



安否を確認したかったんですが、中を覗き込んだり、声を掛けたりすることは

避けるようにとブリーダーさんから言われていたのでグッと我慢




やっと家に着き、クレートに手をかけると、中でゴソッと動いたのでホッとしました



そして、一緒に持ち帰ったケージを早速主人に組み立ててもらいました


当初、ケージは、自分達で用意するつもりでしたが、ブリーダーさんが用意して

くださったのでそれを利用することに。



このブリーダーさんは、ケージの他にも 『旅立ちセット』 として、クレート・毛布

エサ・食器・給水器・おやつ・おもちゃ・栄養補助食品・薬など、犬を飼うのに

必要なもの一式を付けてくださったので助かりました


旅立ちセット』ってネーミングが葬儀屋っぽくてちょっと・・・ってかんじですが。。。




ケージのサイズについては諸説ありますが、このブリーダーさんの場合は

犬は狭いスペースの方が落ち着くという考えだったので、戴いたケージも

ベッドとトイレを置くと空いたスペースが僅かしない小さめサイズでした。



ちなみに・・・

一軒目のブリーダーさんでは、トイレとベッドの間に遊び場のスペースがあり

トイレと寝床の区別も付かせやすいという大きなケージを薦められました。




ケージを置く部屋は狭くて、そんなに大きなケージは置けないので、今回戴いた

ケージはちょうど良い大きさだったんですが、トイレの上に寝そべってしまったり、

テンションが上がって飛び跳ねた拍子にを踏んづけてしまうことがあるので、

その辺はちょっと困ってます





話が飛びましたが、

迎え入れ初日のワンコは、長時間の移動で疲れているし、精神的にも不安定なので、

あまり構ったりせずゆっくり休ませてあげた方が良いとのことで、ケージが完成すると、

部屋の中を15分くらい自由に動き回らせてからケージに入れました。

※その直後に撮ったのが、前回の日記の写真です。



そして、ブリーダーさんに勧められたとおり、ケージをすっぽりと布で覆いました。

その方が犬が落ち着くらしいです。



犬は環境になれるまでは、寂しくて鳴いたり、ケージから出して欲しくて吠えたりするけれど

ケージ越しに話しかけたり目も合わせたりすることは、絶対にしてはいけないのだそう。



甘えた声を出されるとなだめたくなるし、あまりうるさいと叱ってしまいそうになりますが

それはNG

完全無視が鉄則らしいです。



ケージを布で覆うのは、それにも有効みたい。

いつでも見える状態だと、どうしても気になって見ちゃいますもんね。




現在もケージは布で覆っているのですが、私が部屋から一歩外に出ると

トフィーはすぐに鳴き出して、戻るまで鳴き続けます。



寝ているときやおもちゃで遊んでいるときを見計らって、そぉ~っと出ようとしても

敏感に足音を聞きつけて鳴き始め、放っておくと、次第に鳴き声が大きくなって

ケージの中で暴れ出します。



家に来て10日経ってもこれが全く治まらないので、ネットで見つけた

あるトレーニングを昨日の夕方から始めました。



このトレーニングのおかげで、布を取って周りが見える状態の時に限ってですが

ある程度おとなしくできるようになりました。



あるトレーニングというのは、

自分が部屋を出て、犬が泣き始めたら、すぐにドアを閉める。

ドアの向こう側にこっそり待機して、鳴き声が治まったらドアを開ける。


というものですが、トフィーは放っておくと何時間でも鳴き続けるので、

初めは、息継ぎで一瞬静かになったときなどを見計らってドアを開け、

トフィーとは目を合わせず部屋に入り、しばらくしたらまた外へ出る。

で、また鳴き出したら、ドアを閉めるところからを繰り返しました。




その内に、だんだん理解してきたようで、初めは一歩部屋から出るだけで

ク~ンク~ンと鳴き始め、遠くへ行くほど(時間が経つほど)激しくギャンギャン

鳴いて暴れまくっていたのが、数分離れていても我慢出来るようになってきました




でも、ケージに布を被せているときは、犬が状況を見ることができないので、

この方法はちょっと難しそうです。。。




きっと、ここがトフィーにとってまだ完全に安心できる場所になっていないということも

あると思うので、様子を見ながら気長にやっていこうと思います

スポンサーサイト
16:16 愛犬 | コメント(4) | トラックバック(1)
コメント
いや~ん♪
カワイイわんちゃんですね~!!
犬は最初のしつけがなかなか大変のようですね。
私は猫しか飼ったことがないのですが、やはり動物が身近にいることで本当に癒されるってことありますよね。
春にオカメを亡くしたので今はちょっと寂しいです。というわけで、今はなつきませんが、ヤモリたちを愛している私です。
No title
(^ー^* )フフ♪

気長に 楽しんでやってってくださいねー

と言いつつ トイレも苦労したけど(笑)

上手にできたら 1粒フードを ご褒美にあげてたら いまだに お約束になってしまってます
( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ
chiz-zさんへ
ありがとうございますぅe-446>e-74
ただいま、かなりしつけに手こずってますe-444>
やっぱりマニュアル通りには簡単にいかないので。。。
でも、まぁ、初めから何でもできるわけはないので、一つ一つ根気よく教えていこうと思っています。
猫もオカメインコも可愛いですよね。
私も昔、実家で飼っていましたが、天国へ行ってしまったときは、しばらく立ち直れませんでした。
なので、犬を飼うと決まったときも飼い始めた現在でさえも、時々そのことが頭をよぎりますが、それは、ペットを飼うにあたっては、どうしても避けられないことなので、なるべく考えないようにして、目一杯の愛情を注ぐことに専念していますe-415
ヤモリは飼ったことがないのでわかりませんが^^;
どうなんでしょう?なつくのかしら??
でも、chizさんが愛情いっぱいで接していたら、いつかはなついてくれそうな気がしますe-53
Re: No title
う~ん、トイレ大変ですね~e-283
家に来た時点で、トイレのしつけはだいたいできていたので、ケージの中での失敗は少ないのですが、
部屋に放したときは、まだ結構失敗しちゃいますe-260
あ、でも、今、これを書いていて気付きましたが、ケージの外にトイレを置いていないのが原因かも。。。
今日からトイレの外にも置いてみることにしま~すe-420


管理者のみに表示
トラックバック
脳を鍛える大人のDSトレーニングの最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「脳を鍛える大人のDSトレーニング」へ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。